2018年10月27日

お練り

京都の南座が改修を終え 三年ぶりに開場します。

その開場のお祝いとして 本日は四条通りを南座から八阪神社まで
約70人の歌舞伎役者さん達がお練りをするという華やかな行事がありました。
歌舞伎史上最大だそうで、沿道は多くの人でごった返していました。
京都で祇園で、お練りがあるなんて 考えた事もありませんでした。

お練りに先立ち、南座では開場式があり 「寿式三番叟」を高麗屋三代が踊られたそうです。

まもなく 恒例の顔見世がはじまります。


posted by wakamatsu-kayou at 18:32| Comment(0) | 古典芸能

2018年10月13日

相撲博物館 「行司装束」

初代華瑶は昭和38年に大相撲の立行司である22代木村庄之助さんに行司装束を贈呈してより、
記録に残っているだけでも 18点の行司装束をその時代に活躍された行司さんに贈呈しておりました。
以前よりよくお知らせしている通り、今なお その装束を受け継いで木村玉治朗さんや式守与之吉さんがご着用して下さっています。

その一部である8点の行司装束を相撲博物館で現在所蔵して下さっています。

軍配 印籠 脇差などの道具とともに、その初代がデザインした装束を中心に行司装束を相撲博物館にて、展示されます。

お近くにお越しの際は 是非 お立ち寄りになり その色鮮やか装束をご覧になって下さいませ。

期間は10月23日(火)〜12月26日(水)です。

70DFDB8C-2AD3-4AC3-8115-944CC23320D7.jpeg

posted by wakamatsu-kayou at 14:56| Comment(0) | 大相撲

2018年10月11日

若松華瑶唐織帯地展のお知らせ

寒暖の差が激しい今日この頃でございますが、
皆様 お健やかにお過ごしでございます?

さて、下記の日程にて 日本橋島屋において
若松華瑶唐織帯地展を開催させて頂きます。

ショッピングセンターも新しく完成いたしました。
秋のお出かけに 是非お立ち寄り下さいませ。

様々な唐織帯地をご用意して 皆様のご来店をお待ちいたしております。

10月17日(水)→23日(火)
日本橋島屋 7階 呉服サロン
posted by wakamatsu-kayou at 13:16| Comment(0) | お知らせ