2020年02月20日

法隆寺文



例年より 暖かくなるのが早いからか もう 鶯の鳴き声が聞こえています。
まだ あまり上手ではありませんが…


先代から 永年ご愛顧頂いている「法隆寺文」
こちらは、正倉院の御物の法隆寺裂より、初代華瑶が独自のアレンジをして デザイン化いたしました。

グリーン地 セピア地 そして 生成りの地色等 様々な地色で 今まで織らせていただいてかおります。
格調高い図案で、地色や配色によって 雰囲気が変わり、違うお柄の帯地なように見えるのも
「法隆寺文」の帯地の良さかもしれません。


只今 一番人気のお色は やはりこちらです。上品で 時代を越えた人気商品です。
お仕立て上がりをお客様のご了承を得て 皆様にも

  897B7213-0901-4B89-A8D1-E838B21C728D.jpeg

そして お仕立てをした帯地には 必ず 柄名と若松華瑶謹織と織り込ませいただいております。                                                                     
15199505-665A-43C5-AD2B-F714B41D1E6F.jpeg                                                                   
若松華瑶の帯地は一本一本 心を込めておつくりし、お納めさせて頂いております。                        
 
posted by wakamatsu-kayou at 19:39| Comment(0) | 若松の帯地について

東西名匠老舗の会のお知らせ

新型コロナウィルスで、何やら物騒なご時世でございますが 皆様 いかがお過ごしでごさいますか?

さて、恒例の東西名匠老舗の会が下記の日程にて 開催されます。
東西の名店が、それぞれの自慢の銘品を取り揃えて皆様のお越しをお待ちしております。

暗いニュースが多い昨今 様々な綺麗な品々をご覧になって しばし 気晴らしをなさって下さいませ。


第72回 東西名匠老舗の会
2月26日(水)→3月2日(月)
日本橋島屋S.C. 本館8階 催会場

   AAB4CA95-E58F-44EB-9137-628EDB757C2A.jpeg
posted by wakamatsu-kayou at 19:14| Comment(0) | お知らせ